大学に入ってからというもの、彼氏どころか友達すら満足につくれず、寂しくて仕方のない日々を送ってました。
だんだんと性格だって暗くなっちゃいますし、どうやってこれから学生生活を送ろうか悩む毎日でした。
暇な時はスマートフォンを使って誤魔化しつつ、寂しい時も意味もなく電源を入れてばかりでしたね。

 

そんな生活を送っていると、色々な広告や宣伝を目にするわけですけど、Jメールの名前を知ったのもこの頃です。
色々なところでJメールの名前を見かけて、「どんな場所なんだろう?」と興味が出てきました。
ちょっとだけ検索で情報を集めると、出会い系サイトと呼ばれるサービスらしくて、なかなか評判が良いのもわかりました。

 

毎日やることもなければ、しゃべる相手もいない私にとっては、男性と仲良くなれるというJメールは魅惑的に見えました。
彼氏ができれば一番なんですけど、そこまで至らずとも友達感覚でスマートフォンでお話できる人ができれば、それで良いと思ったんです。
ネットでの出会いについて、全く不安がなかったかと言うと嘘になっちゃいますが、Jメールならば多分大丈夫だろうと判断しました。

 

操作や登録で難しいこともなさそうですし、私でも使いこなせそうな雰囲気だったので、すぐに登録をしようと決心できました。
わからないことは使っていれば理解できると思い、あまり深く考えることなく、気づいたら登録ページにアクセスしていましたね。

 

体験者プロフィール
性別:女性
名前:容子
年齢:19
職業:大学生
恋人いない歴:3年
登録地域:仙台
登録した理由:大学に入っても友達なんて出来ず、毎日寂しくスマートフォンで暇を潰していました。Jメールを使うとたくさん友達を作れそうだと感じ、わからないことも多いものの、初めて出会い系サイトを経験しようかなと考え始めました。

 

更新履歴